お肌のトラブル、4大原因

お肌トラブルを引き起こす、4つの原因とは?

お肌の老化には、主に4つの原因があります。 紫外線による「光老化」。 活性酸素による「細胞の酸化」。 潤い不足による「肌の乾燥」。 加齢による「肌の菲薄化」。 今回は、この4つの原因について、簡単に見て行きましょう。

まずは「光老化」です。 光老化とは、長年浴び続けた紫外線のダメージが蓄積されたことでシミやたるみなどのトラブルが起こることです。 光老化を促すのは紫外線に含まれる「UV-A」という光が原因。 UV-Aは窓ガラスなどもすり抜けて肌の深い部分「真皮」に到達し、美肌成分「コラーゲン」「エラスチン」を破壊する酵素を増やしてしまうのです。
ほうれい線消す化粧品

これによりコラーゲンは細かく切断され、エラスチンは変異させられてしまいます。こうしてお肌はハリを失ってしまうのです。 また、遺伝子レベルで細胞を損傷させ、お肌の免疫力にも悪い影響を与えてしまいます。

続いて「細胞の酸化」。 放置された金属などと同じように、お肌も酸化していきます。 これは体内に取り込まれた酸素の一部が「活性酸素」に変化するため。 活性酸素は脂質と結び付くことで細胞を酸化させ、コラーゲンなどを硬化させてしまいます。そうするとお肌が弾力を失い、結果、老化が促進されてしまうのです。 原因は紫外線やストレス、大気汚染、添加物の多い食事などが挙げられます。

そして「お肌の乾燥」。 20歳をピークにお肌は徐々に潤いを失っていきます。美肌成分が段々と減っていくためです。 お肌、つまり角質層の表面が乾燥すると、角質が剥がれやすくなり、次第に隙間が生じてしまいます。その隙間から水分が蒸発してしまい、お肌の表面は更に硬くなって、小じわなどが現れます。 潤いを保っているのは、お肌の中の保湿成分「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」と、潤いを逃がさないようにお肌を覆っている「皮脂」です。

特に皮脂は加齢と共に分泌量が低下します。皮脂が少なくなってしまうと結果的に美肌成分が上手く作れなくなってしまい、たるみなどのお肌のトラブルが増えてしまいます。

最後に「肌の菲薄化」です。 菲薄化とは、加齢によって皮膚が薄くなってしまうこと。美肌成分の生産量が減少し、肌細胞を作る力が衰えてしまうのです。 そこで鍵となるのが「女性ホルモン」。

女性ホルモンはコラーゲンの生産を助け、紫外線から肌を守るとされています。しかし更年期から大幅に分泌量が低下し、美肌成分生成量の低下、新陳代謝の低下などを招きます。 するとお肌の柔らかさが失われ、更に年齢を重ねると共にお肌が薄くなる速度が速くなります。こうして肌は傷つきやすく、トラブルも起こりやすくなってしまうのです。

これらに抗うには日頃からのケアや食生活の見直しが必要です。 気になった方は、ぜひ少し振りかえってみてくださいね。